青森県

百石えんぶり

百石えんぶり組の皆さんが、桃川に門付けにいらっしゃいました。

201202161_3

えんぶりは豊作を祈るお祭りで、800年余りの歴史を持ちます。
いちばん寒い時期に行われることから「春を呼ぶお祭り」とも言われています。
17日から始まる八戸えんぶりに先駆けて、おいらせ町の百石えんぶりは2月15日~17日に行われます。
八戸地域では30組余りが活動していますが、おいらせ町内に唯一存在する「百石えんぶり組」は、烏帽子に「前髪」と呼ばれる房のついた「どうさいえんぶり」の組です。
大きな烏帽子をかぶった3人の太夫が、桃川の大杉玉の前で勇壮に摺ります。

201202162_3

太夫の摺りの合間には、子どもたちによる祝福芸が行われます。
可愛らしい子どもたちが元気に口上を述べ、踊ってくれました。

201202163_2

今年も良い米ができて良いお酒が造れますように。

百石えんぶり組は、例年、17日に八戸市内で行われる一斉摺りにも参加します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/15~17 青森おいらせブランド 特産品フェア

12/15~17 東京・日本橋において、おいらせ町のおいらせブランド協議会主催の、物産販売(試食・試飲)が行われます。奥入瀬川流域の緑豊かな自然に恵まれた町、この素晴らしいい環境に中で生まれた、物産品を販売致します。おいらせ町の魅力」を発信致します。

●場所:日本橋イベントスペース(日本橋プラザビル南広場)

●時間:10時~16時

●桃川のお酒の試飲、販売もありますのでお近くの方は、是非お越し下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

百石えんぶり

百石えんぶりが始まりました。

「えんぶり」は八戸市を中心とし、周辺の市町村でも行われる、五穀豊穣を祈願するお祭りです。

百石えんぶりは、17日から始まる八戸えんぶりに先立ち、15日から17日まで行われます。
「百石えんぶり組」はおいらせ町旧百石町内を中心に練り歩き、17日には八戸市中心街に30組余りのえんぶり組が集まって行われる「一斉摺り」にも参加します。

百石えんぶり組の皆さんが、桃川にも来てくださいました。

201002151えんぶりは、農作業や縁起ものの絵が描かれている大きい烏帽子をかぶった太夫が勇壮に摺り(えんぶりを舞うことを“摺る”といいます)田の神様に祈りを捧げます。

201002152子どもたちによる祝福芸も披露されました。
↑よろこび舞

201002153↑大黒舞
寒い中、にこにこと舞ってくれました。

皆さん、ありがとうございました。
今年も良いお米が採れて、良いお酒を造る事ができますように・・・という思いで見ておりました。
ちょうど北陸からのお客様も居合わせ、えんぶりを見ることが出来て喜んでいらっしゃいました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

本年もよろしくお願いいたします

あけましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2010年 寅年

昨年末に発売した純米酒干支ラベル「寅歳」は
八戸工業大学の学生さんがデザインしたという話題性や
迫力ある寅の表情が良かったことなどから
早々に完売となり、幸先の良いスタートとなりました。

寅年を迎えるにあたり、八戸市の長者山新羅神社では
年越しの瞬間、12年に一度の虎舞の奉納が行われました。

201001041

虎舞を見て初詣をして参りました。
虎に頭を噛んでいただき、縁起の良い新年の始まりとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春を呼ぶお祭り えんぶり

春を呼ぶお祭り「えんぶり」が始まり、百石えんぶり組の皆さんが桃川にいらっしゃいました。

昔から農作業に活躍した馬の頭をかたどったと言われる大きな烏帽子をかぶって摺ります。このときは寒くて風が強く、烏帽子も煽られているようでした。

えんぶりは五穀豊穣を祈願して行われるお祭りです。
今年も良い米がたくさんとれて良いお酒を造れますようにと、わたしたちも祈っています。

200702151_3

桃川大杉玉の前での摺り

200702153

小さい子供たちによる「たけのこ舞」

| | コメント (0) | トラックバック (0)